戒名と戒名料

戒名と戒名料

戒名は、仏教において仏門に入った証しで、戒律を守るしるし、仏さまの弟子として与えられます。多くの場合、出家修道者に対して授戒の師僧によって与えられております。

一般には、戒名と呼ばれておりますが、浄土真宗では法名、日蓮宗系では法号が正式な名称です。

また、そこから転じて、死後に浄土で出家して最終的には仏となる浄土思想にもとづいて、死者に戒名を与える風習が生れましたが、特に、日本においては一般的に行われております。

簡単に言うと、この世名が名前が俗名だとすると、あの世の名前が戒名となります。逆に、仏教徒以外には戒名は必要ではありません。

戒名料は、戒名を付けるための料金ですが、戒名には値段がなく、戒名をいただいた僧侶へのお布施として、読経料などと共に戒名料を払うことが多いようです。

戒名料とはその名の通り戒名を付けるための料金ですが、実は、戒名には値段がありません。

戒名をいただいた僧侶へのお布施として、読経料などと共に戒名料を払うことが多く、葬儀社などに依頼する場合は「御布施」として一括で支払う場合が多いようです。

つまり、戒名料だけでなく読経料なども含まれるため、お布施の相場と行っても値段設定がある訳ではなく、上限はいくらでも付けられます。

戒名の文字数は2文字に「戒名」とは別に「院号」「道号」「位号」などが加わることで、戒名の位が変わり戒名料も変わりますが、その全国平均は40万円とも言われています。

「信士」「信女」で5万〜20万円程度、「居士」「大姉」で15万〜30万円程度、院号になると50万円以上になるのが一般的のようです。


 

サイトマップ